WordPressのECサイトから楽天へ出店【商品画像を抽出・加工編】

WordPressで運営されているレディースファッションのECサイトが、楽天市場へも同時出品(多店舗展開)するにあたり、商品画像について施さなければならなかったいくつかの処理についてメモ的に。

WordPress側は、イーティーネットさんの「ネットショップ管理プラグイン」で構築されています。楽天市場への出店にあたって、商品名や価格などの商品情報はCSV形式でエクスポートして一括登録することができますが、商品画像について楽天側の仕様上の制約があり、単純にアップロードして終了、というわけにはいきませんでした。

ネットショップ管理プラグイン 商品登録画面
「ネットショップ管理プラグイン」商品登録画面

楽天側の画像の制約

楽天市場の商品画像(動画)を管理する「R-Cabinet」というサービスには下記のような制約があります。プランによって許容値は変わるようですが、今回は「エンパワーメントプラン」という下位プラン。

  • 最大容量:500MB
  • 1フォルダあたりの最大点数:500点
  • 新規に作成できるフォルダ数:50個
  • ファイル名の最大文字数:20文字(拡張子のぞく)
  • ファイル名はすべて半角小文字(例:IMG…ではなくimg…)
  • 画像サイズ:縦横最大1200ピクセル

WordPressに制約なく蓄積された画像たち

一方、移行元のWordPressのECサイトの商品画像については下記のとおり。

  • 掲載中の商品数:約1800商品
  • 掲載中の全商品の全画像は約18GB(サイズバリエーションも含む)
  • 1商品あたりの最大画像点数:13点
  • アップロードされた日時に基づき、年月ごとのフォルダに格納
  • 1フォルダあたりの最大点数は9000点ほど
  • ファイル名の文字数は長短さまざま
  • ファイル名は大文字/小文字など混在

フォルダ分割、ファイル名短縮など調整が必要

移行元のWordPressサイトから、画像フォルダを丸ごとダウンロードして「ガバッ」と一括アップロードできたら楽だったのですが、上記のような制約があるため、そして今後の運用のことも踏まえ、次のような下準備をすることにしました。

  • 現在販売中で在庫がある商品(約270点)のみ楽天側に登録
  • 縦または横1000ピクセルの画像のみ抽出
  • ファイル名が「0」から始まる画像は年月ごとのフォルダに格納(例:2016/04/)
  • ファイル名が「0」以外から始まる画像は「年月_2」というフォルダに格納(例:2016/04_2/)
  • ファイル名は20文字に収まるようトリミング
  • ファイル名はすべて半角小文字になるよう修正

以上の調整をすることでR-Cabinetの上記制約をクリアできるはず。

フォルダを分割するのは、販売中の商品の画像に絞ってもなおフォルダあたり900点ほどある月もあり「1フォルダあたり500点」という制約にひっかかってしまうため。

画像ファイルの抽出

方針が決まったら必要な商品画像の抽出をするわけですが、膨大な画像数から手作業で選別するのはさすがに現実的ではないのでプログラムでどうにかしたい。。

…ということで、結果、下記のようなコードをCSVエクスポート機能の中に割り込むかたちで書きました。2つのことを行っています。

  1. 楽天用の画像フォルダ構成をサーバ上に用意して商品画像ファイルをそこへ複製
  2. CSVファイルに画像URLを楽天形式で出力するための準備

ファイル名が「0」から始まるかどうかでフォルダを分けたのは、最初はローカルにダウンロード済みの画像ファイルを手作業で分けるつもりで、目視でわかりやすいから。でもプログラム上でフォルダも分けることにしたし、今思えば画像の投稿日時を元に月の前半後半で分けたほうが感覚的にも自然だったかもしれません。

get_postsで抽出した商品画像はファイル名の文字数など加工したのちmkdir関数でフォルダ(ディレクトリ)を構成し、そのフォルダ内にcopy関数で複製(一度限りのことなので、実行中のプラグインフォルダ内に生成…)。あとはFTP等で丸ごと落としてR-Cabinetに同じフォルダ構成を用意してファイルをアップロードすればOKです。

楽天R-Cabinetへアップロード

R-Cabinetへのアップロード作業は、楽天公式の画像管理用デスクトップアプリ「Ribrary」を使います(楽天RMSにログインしないとダウンロードできません)。

ribrary_rakuten
「Ribrary」の画面イメージ

画像データは「R-Cabinet」に、CSVファイルは「一括登録サーバ」にドラッグ&ドロップで簡単にアップロードできるので、客側で日常的にアップロード作業してもらうにも便利です。

他にCodaなどのFTPクライアントも使用できますが、アップロードのみ可能。アップした画像やフォルダを触ることはできません(見えない)。サブフォルダに分ける必要がある場合はあらかじめローカルでフォルダを構成した上で丸ごとアップロードすると、既存のフォルダにマージされるようです。

さて、画像のアップロードができたら商品情報をCSV形式で一括登録します。それは次回の記事にて。

WordPress 絞り込み検索プラグイン好評発売中
FE Advanced Search

カテゴリ/タグ/ターム/カスタム投稿タイプ/カスタムフィールド/投稿年月/キーワード/等の複数の条件を組み合わせた複合条件で絞り込み検索が可能。チェックボックス/ラジオボタン/ドロップダウン/セレクトボックス等のパーツで自由に構成、デザインできます。サイト毎のライセンス料技術サポート最新版へのアップデートもすべて【無料】なので安心して導入していただけます!

  • PayPalからクレジットカードですぐにご購入・当日送付可
  • 見積書/請求書/領収書の発行OK
  • WordCamp/WordBench参加者割引販売あります
Pocket

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

投稿者:

宮澤 大治郎 (Daijiro Miyazawa)

株式会社ファーストエレメント代表取締役CEO。アートディレクター/Webデザイナー/Webプログラマー/Web・SNS活用講師。事業構想研究所 研究員(飯田市プロジェクト研究 2015〜2016年)/南信州次世代会議/WordBench長野/長野県デザイン振興協会/他

I'm mining on MinerGate - the best cryptonote mining pool

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です